ENGLISH
 JAPANESE

ONLINE SHOP
光ファイバー照明のプロダクツケイは星空天井から水中照明まで、光ファイバー照明・装飾の企画・設計・施工・機器製造を行っています。
星空天井から水中照明まで、光ファイバーライティングシステムの企画、設計、施工、機器製造など、お気軽になんでもお問い合わせ下さい。


光ファイバー関連用語   光学・照明関連用語   光源装置・器具関連用語
  

光ファイバー関連用語

 

  ファイバーライティング

  光ファイバーを使用した照明をファイバーライティング(F.L)と言います。

  光ファイバー

  光ファイバーとは、中心に屈折率が高く光透過性の良い芯材(コア)を設け、その周囲を屈折率の低い鞘材(クラッド)で覆った光伝送路で、入射した光が全反射しながら伝搬するように設計されています。照明に使われる光ファイバーは、POF、GOF、PCS、LCPOFなどがあります。

POF

  POFとはプラスチック光ファイバー(Plastic Optical Fiber)の略で、芯材がPMMA(ポリメチルメタクリレート)、鞘材がフッ素系ポリマーから成るものが代表的で、弊社が取り扱っているファイバーライティングシステムはPOFです。POFは可視光の光透過性の良さ、コストメリット、加工性、施工性の良さから、照明用途では景観照明、建築照明の領域で多く使用されています。

GOP

GOFとは他成分ガラス等を芯、鞘とする光ファイバー(Glass Optical Fiber)のことです。POFと比べるとガラスのため50250μmとファイバー径が小さく、照明現場での加工性に難があるため、建築、景観照明よりも展示・店舗照明によく使用されています。ファイバーが長くなるとカラーシフトが大きく10m以下での使用が多いようです。

  PCS

  PCSとは芯が石英ガラスで鞘がポリマーであるポリマークラッド石英光ファイバー(Polymer Clad Silica Fiber)のことで、POFやGOFよりも光透過性の良い光ファイバーです。ファイバー長50m以上の照明用途に有利ですが、ガラスのため加工性に難があり、高価です。

大口径ファイバー

LCPOF(Large Core POF)とも呼ばれます。POFの一種ですが、ファイバー径がφ6〜φ12mmと大きいものをいいます。芯材がアクリル系ポリマー、鞘材がフッ素ポリマーのチューブからなり一般のPOFとは区別されます。側面の高輝度発光性を活かしライン照明として景観照明等に用いられています。

  バルクファイバー

  光ファイバーの素線をバルクファイバーと呼びます。GOFはファイバー径が細くて折れやすいためバルクファイバーでは照明に使用されませんが、POFは柔軟で折れにくい為、ファイバー径φ0.5〜φ2mmのバルクファイバーは星空照明やサインディスプレイ等に使用されます。

光ファイバーケーブル

  照明用の場合バルクファイバーにジャケットを被覆したものを光ファイバーケーブルと言います。

  ファイバーケーブルはその形態により単芯ケーブルとバンドルケーブルがあります。

単芯ケーブル

  1芯のファイバーケーブルを単芯ケーブルと呼びます。多くは通信用途、センシング用途に使用されていますがファイバー径1mm以上のものは照明用途にも使用されます。

バンドルケーブル

  多数本のバルクファイバーを束ねたものをバンドルファイバーと呼び、これをジャケット等で被覆保護したものをバンドルケーブルと言います。本格的な照明用途に使用されています。

ジャケット

  光ファイバーケーブルの被覆材をジャケットと言います。材質はポリエチレン、塩化ビニール、ナイロン等があります。

ブランチケーブル

  複数本の光ファイバーケーブルを入射端側で1つに集束したケーブルセットをブランチケーブルと言います。ファイバーライティングの場合1台の光源装置で多数の照明が可能のため、ほとんどがブランチケーブル方式です。

導光体

  広義には光を搬送する物体を導光体と言います。ファイバーライティングシステムでは、光源+導光体+発光器具から成り、この場合の導光体は光ファイバーケーブルの事を指します。

ラインガイド

  光ファイバーの入射端及び出射端に口金を取付け、導光体として用いられるよう加工した製品をラインガイドと言います。

光ファイバー集束

  発光器具に取付けた光ファイバーケーブルやバルクファイバー複数本を、光源装置へ装着するために一つの束に集めて処理する事を、光ファイバー集束と言います。

ファイバー充填率

  光ファイバー集束口金内径の断面積に対するその口金内に充填された全光ファイバーの断面積の和の比率。POFの場合75%程度が実用上の充填率です。

集束端(入射端)

  光ファイバーを集束して光源装置へ装着する側を集束端または入射端と言います。

集束口金(入射口金)

  集束した光ファイバーを固定する口金の事を集束口金または入射口金と言います。材質はアルミニウム、真鍮、ステンレス、アクリル等があります。

出射端

  光ファイバーケーブルの光を出射する側の端部を出射端と言い、発光器具(光源装置)へ取付ける部分です。

出射口金

  出射端側の口金を出射口金と言います。

接着研磨加工

  出射口金や集束口金(入射口金)などに光ファイバーを接着剤と一緒に充填し、口金端部を光学研磨する加工方法を接着研磨加工と言います。

ホットカット加工

  集束口金に接着剤を使用しないで充填した多数本の光ファイバーを熱で溶断するPOF特有の加工方法です。研磨を必要としないため照明現場で集束ファイバーを簡単に加工できます。ホットカットには専用のホットカッターが使用されます。

曲げR

  光ファイバーの光学性能は屈曲状態に応じて変化します。この許容屈曲半径を曲げRと言います。配線等での曲げRの目安は、バンドルケーブルでは直径の10倍以上、単芯ケーブルでは30倍以上が必要です。なお余ったケーブルは直径40p以上のループがのぞましいです。

伝送損失

  単位長さあたりの入射と出射のエネルギーの割合、波長別に異なり、単位はデジベル(dB)で表されます。

使用温度、耐熱性

光ファイバーケーブルやバルクファイバーを照明用途に使用する場合の温度範囲を言います。光ファイバーケーブルやバルクファイバーはPOFの場合全プラスチック製品のため過度の高温条件で使用すると光学性能の劣化が起こります。使用温度は-20℃〜70℃の範囲です。

  低温脆性

光ファイバーケーブルやバルクファイバーはPOFの場合プラスチックのため、氷点下の低温脆化(もろくなる性質)が起こります。極低温で使用する場合は、過度の衝撃や振動はさけ、穏やかな曲げRでの施工が必要です。

  有機溶剤

有機溶剤とはガソリン、シンナー、アセトン等の常温で揮発する化合物の総称です。POFは主成分がアクリル樹脂のため有機溶剤により侵され、ひび割れがおこり光が漏れたり折れやすくなります。有機溶剤との接触は無論のこと溶剤の揮発ガスにより損傷を受けるので、溶剤のある近くでのPOFの加工、施工、保存は避けねばなりません。

  可塑剤

可塑剤とはプラスチックを柔らかくするため、PVC(塩化ビニル)等プラスチックに混入されている可塑剤です。可塑剤入りのプラスチックとPOFを接着させると時間とともに可塑剤がPOFへ移行し、POFを損傷させるので軟質PVCなど可塑剤入りの材料をPOF被覆材や補助材に使用してはいけません。

  使用環境

  POF照明の設置及び使用時の環境の事で、特に温度・湿度環境、雰囲気環境を指します。雰囲気環境は有機溶剤や油剤等のガスの発生が無い場所で、特に有機溶剤への配慮が必要です。




光ファイバー関連用語   光学・照明関連用語   光源装置・器具関連用語               ページ先頭へ

OTHERS


プロダクツ・ケイは星空天井から水中照明まで
光ファイバー照明・装飾の企画・設計・施工機器製造を行っています